夜尿症

ENURESIS

夜尿症とは

赤ちゃんは、オムツが必要です。2~3歳までに尿意の自覚が出来るようになり、4歳頃になると睡眠中でも排尿の抑制が出来るようになります。

おねしょは、全ての子どもにみられる、ごく自然な現象で、幼児期では15~40%の子どもに夜尿がみられますが、小学生になると5~10%と急激に減少し、中学生になると1~3%まで減少し、思春期の発来までに、ほとんどの子どもが自然治癒します。

種類

夜尿症には、一次性夜尿症と二次性夜尿症があります。 一次性夜尿症は、生まれてからずっと持続している夜尿症のことです。二次性夜尿症は、6ヶ月以上排尿の自立が出来ていたのに、再びおねしょを繰り返すようになるのことです。

治療

夜尿症は、思春期が近づくとともに、神経・内分泌系が成熟して、自然に治癒していくものが少なくありません。 治療は、生活指導、薬物療法、アラーム療法があります。

まず、1週間の生活状況を参考にして、1ヶ月前後の生活指導を行います。生活指導で改善がなければ薬物療法も行います。

診療内容

TREATMENT
小児科

小児科

子供に関することであれば、どんなことでも構いませんのでお尋ねください。

アレルギー科

アレルギー科

アレルギー疾患に悩まされるお子さんが増えています。当院では最適な治療を行っていきます。

乳児健診

乳児健診

当院では6~7ヶ月健診、9~10ヶ月健診、1歳6ヶ月健診を行います。

予防接種

予防接種

予防接種はたくさんあり、複雑になっています。スケジュール管理等をしっかりサポートします。

夜尿症

夜尿症

おねしょに有効な治療法がありますので、生活指導および適切な治療を受ければ早く治せます。

小児科・アレルギー科診療・予防接種の予約

WEB予約初診の方もOK!!

Web受付時間(当日のみ)
 午前:07:30~11:30 
午後:14:00~17:45

問診票 初診 再診 夜尿症 低身長

お電話でのお問合せ

0587-21-0322

診療時間
 午前:08:30~12:00 
午後:14:00~18:00

LINEで診察呼び出しお知らせが受けられます

詳しくはこちら